あきらめないで
お箸で食べる
日本の味
病院から生まれた
箸ぞうくん

『箸ぞうくん』

病気・マヒ・ケガなどで普通の「お箸」が使えなくて、「スプーンやフォーク」で食事されている方々。
ご高齢で「お箸が使いづらくなった」方々。
「箸ぞうくん」や「箸ノ助」は驚くほど簡単に使える「お箸」です。
「お箸で食べるの喜び」をあきらめないで下さい。
私たちにずっと応援させてください。

howtoアニメ

箸ぞうくんは様々な症状の方々の立場になって考えられています。
●手や指を少し動かすことができれば、誰にでも使えるお箸です。
●がっちりと剛性のある構造で箸先がクロスしません。
●工夫された箸先で摘まみやすく、摘まんだものは逃しません。
●医学的にも理にかなったかたちが手の中で安定したポジションを作り、あとは軽く指を動かすだけです。

使いやすさのポイント

普通の「箸」を使うときの手の動きを
①箸を持つ ②箸を動かす ③箸をコントロールする
と大きく3つに分け、これらを軽減したりなくしたりするように考えられています。
箸先がクロスせず、軽い力で使えます。工夫された箸先でがっちり摘まみます。
詳しくは「箸ぞうくんへの想い」をご覧ください。

 
 初めての方へ 


どの箸ぞうくんを選んだらいいのか分からない。
そんな時、このページをご覧ください。手の動きの自由度(症状の重軽)と、機能、デザインから、最適のお箸を見つけていただけます。ぜひお試しください。

また、「箸ぞうくん」をお使いになられた方々の事例も掲載しています。
ご参考いただければ幸いです。

● お問い合わせ、ご相談は、3つの方法で。

従来の「メール」でのご相談(文章)に加え、「写メール」(携帯写真・動画)と「ZOOM」(ウエブ会議)を利用してのご相談が出来るようになりました。
写真や動画、ウエブ対面などで状況を把握し合いながらご相談いただけます。
特に「ZOOM」ではリアルタイムで症状や動きなどを見させていただいたり、こちらからの説明も動きまで交えてできますので、より的確なご相談ができます。(「ZOOM」でのご相談には予約が必要です。)

 ZOOMで相談 


 ご予約ください。
弊社からメールでご希望に叶うご相談日時と「ZOOMミーティングのご招待メール」をお送りします。そのメールに記載されたURLをタップして「ZOOMミーティング」に参加し相談を開始します。

 専用フォームから問合せ 


お問い合わせは、まずは専用フォームをご利用ください。メールでお答えします。

 写メールもご利用ください 


写メールで症状などをお伝えいただきますと、よりスムーズにお答えできます。

 
  商品一覧  


お子様からご高齢の方々まで。
ご家庭で、外食先で、仕事先で、学校で・・・
症状やお使いになる状況、デザイン性など配慮した多様な商品の中から選んでいただけます。ぜひ商品をご一覧ください。
そして、お箸で食べる楽しさを取り戻してください。

また、お子様用は「箸使い」が上手になる練習用にも使えます。2歳ぐらいから始めます。

● 2020/09/20  ホームページリニューアルしました。

 

最新の『箸ぞうくん』パンフレットをご覧いただけます。プリントしておくとお箸選びの参考にお使いいただけます。(PDFファイル約4MB)

「箸ぞうくん」の有限会社ウインドは1995年より、脳梗塞・脳溢血・パーキンソン病・リュウマチなどの病気やマヒ・ケガ等、あるいはそれらの後遺症によって、普通の「お箸」がうまく使えなくなった方々でも簡単に使いこなせる「お箸」を医師、理学・作業療法士、保健師、患者様などの方々にもご協力をいただいて研究・開発・販売しています。

「箸ぞうくん」の基本的な機能・特長、また製品開発におけるこだわりなどの内容です。より「箸ぞうくん」を理解していただけます。
その他初代製品の開発のきっかけ、開発にまつわるエピソードもぜひ、ご一読いただければ幸いです。